プラスマリンスポーツ

ドルフィンスイム

ドルフィンスイム

いるかは海に住んでいますが、私たちと同じ哺乳類です。昔からいるかと人間の間には深い関わりがあり、海でおぼれた人間をイルカが救ったという事例も数多く残っています。また、イルカには人の心を癒す能力があると言われ、実際に自閉症や障害、アトピーの子供たちなどの治療にドルフィンスイムが取り入れられています。治療という目的でなくても、イルカの泳ぐ姿を見ていると心が和むような気がするのは、やっぱりいるかには人間の心を癒す力があるんだと思いますよ。


ドルフィンスイムとは?

いるか療法

イルカと一緒に泳ぐことで精神的に癒されることができる、というのは有名ですよね。イルカには自閉症の子供とそうでない子供を見分ける力がある、などとも言われていて実際にいるかと一緒に泳ぐ「イルカ療法」では、効果が現れています。しかし、いるかの何が効果的なのか、ということははっきりわかっていません。人間同士でもこの人といるとほっとするという人がいますが、その人は自分にあった波長を出しているのかもしれないといるかは心を癒す波長を出すことができるのかも知れませんね。

ドルフィンフィーディング

ドルフィンにエサを揚げる体験ができるドルフィンフィーディングは、ハワイやグアム、オーストラリアなど海外のリゾート地でも人気の高いマリンアクティビティーです。特に、野生のいるかに餌付けをするタイプは人気が高いのですが、野生のイルカを保護するためにも個人で餌付けをすることはできません。そのため、フィーディングプランが組み込まれているツアーやアクティビティーに申し込む必要があります。

シュノーケリングツアー

イルカが多く生息する海域にボートで移動すると野生のイルカが泳いでいる姿を見る事ができる場合があります。これはドルフィンウォッチングというアクティビティーですが、海豚が現れた周辺でボートをとめてシュノーケリングをしているといるかと一緒に泳ぐことができる事もあります。比較的沖合いで泳ぐことになるので、いるかが自然に泳ぐ姿を間近で見ることができるのが最大の魅力といえます。しかし、一緒に泳ぐことができるかどうかは運次第なので、確実に会えるかどうかはわかりません。

イルカに会いに行こう!

御蔵島

小笠原や沖縄など、日本国内にもドルフィンスイムが出来る場所がいくつかありますが、一年中バンドウイルカに会うことが出来る人気のスポットが、伊豆諸島の御蔵島です。御蔵島の周りには険しいがけが多く珊瑚礁があるため、いるかが安全に繁殖することのできる場所なんだそうです。また、栄養豊富な河口があり、その周辺はイルカの点滴から身を隠すことができる恰好の場所になっています。そのため、100頭以上の野生のイルカが生息していて、指導員やガイドさんの引率で野生のイルカと一緒にシュノーケルとフィンをつけて泳ぐことができます。

ハワイ・グアムなど

ハワイやグアムの周辺にも海豚の生息海域が沢山あります。ボートで沖合いに出ればあちこちでイルカに会うことができますが、ケアラケクア湾などでは湾内でイルカに出会う事もあります。ツアーを利用してドルフィンスイムを楽しみたい場合には、始めに申し込んでおくと便利ですがオプショナルツアーとして現地で申し込む事もできます。しかし、観光客が勝手にいるかにエサをやったり脅かしてしまうと、現地の人や動物たちにも迷惑がかかってしまうので必ずガイドさんの指示に従って参加して下さいね。