プラスマリンスポーツ

スキューバダイビング

ダイビング

スキューバダイビングは、圧縮空気を入れたタンクを背負って海中を泳ぐことができるので潜っていても呼吸をすることができるマリンスポーツです。海の中に潜ると、自分の呼吸の音や水を伝わって聞こえる水の音しか聞こえない、静かで不思議な世界で様々な生き物を見ることができます。普段の生活では味わうことのできないドキドキやワクワクは体験ダイビングでも味わうことができます。一度潜ってみたら、あなたもきっと海の魅力にはまること間違いなしですよ!


スクーバダイビングの基礎知識

スキンダイビングとスキューバダイビング

スキンダイビングは機材などをつけずに潜るのが特徴です。体一つで誰でも楽しめるため、海と親しむ第一歩が、スキンダイビングやシュノーケリングともいえますよね。スキューバダイビングのライセンス取得のための講習にも、マスクとフィンだけで潜るスキンダイビングの講習があります。また、映画などでも有名になりましたが、フィンだけをつけて潜れるところまで潜る、というスキンダイビングの競技もあります。スキンダイビングの競技に参加する場合には、スキンダイビングの免許が必要になる場合もあります。

体験ダイビング

ライセンスを持っていない人でも、水深の浅い範囲内でショップインストラクターやガイドと一緒に潜ることができるのが体験ダイビングです。キケンの少ない状況で、海中散歩を楽しむことができるので、体験ダイブからスキューバダイビングにはまったという人も多いようです。ライセンスを持っていなくてもグアムやハワイ、バリなど海外のダイビングスポットの体験ダイビングツアーなどで何本も潜っている人もいます。日本でも、沖縄や伊豆などの体験ダイビングはかなりの人気がありますよね。

ダイビングライセンス(Cカード)を目指そう!

Cカード保持者ができること

海に潜りたいと思ったら、海の知識や潜るための技術の他にタンクなどの機材を揃える必要がありますよね。日本国内外各地のダイビングスポットでは機材をレンタルすることができますが借りるためにはライセンスを持っていることが条件になります。ダイビングに必要な知識や技術を講習などによって見につけたことを証明するのが、ダイビングのライセンスです。ダイブマスターなど、Cカード保持者がグループ内にいる場合には、ライセンスを持っていない人にも機材を貸し出してくれる場合もあります。

種類

国際的なライセンスを発行している団体はPADI、BSAC、NAUIなどがあります。団体によって、ライセンスのランク設定やその呼び方が違っています。海外でも有名なPADIの場合、オープンウォーター、アドバンスオープンウォーター、レスキュー、ダイブマスターと分かれています。オープンウォーターは水深18mまで潜ることができますが、それ以上深く潜るためにはアドバンス以上のライセンスを取得する必要があります。潜った本数や実績と必要講習を受けることでライセンスのランクを上げることができます。