プラスマリンスポーツ

シュノーケリング

シュノーケリング

ダイビングのように重たいタンクや複雑な機材を使わなくても海中散歩を楽しむことができるのがシュノーケリングの魅力です。泳ぎに自身がない人でも、ウエットスーツを着て浮力を付けた状態でフィンを履けば、水面を漂うだけでも十分海中世界を堪能することができます。


シュノーケリングの基礎知識

シュノーケルのくわえ方

シュノーケリングに必要なスノーケルは、「あ」と発音するときの口の形にした状態でマウスピースを口の中に入れます。入れたらすぐに唇を閉じるのではなく、「い」と発音するようにマウスピースを噛んでからくわえたまま「う」と発音するときの口の形になるように唇を閉じます。

マスクのつけ方

マスクは、内側部分にツバをつけて擦ってから水でゆすいでからつけます。こうすることで、潜った時に内側が曇るのを防ぐことができます。また、髪の毛などが挟まっているとその小さな隙間から水が入ってしまう事もあります。顔の大きさに合ったものをしっかりフィットさせることがポイントです。

耳抜き

水煮潜った状態で、片手でマスクの上から鼻をしっかりつまみ、鼻をかむときの様に息鼻から出そうとします。こうすることで、鼻腔内の空気を耳のほうへ送ることができるため、水圧によって圧迫されていた鼓膜の状態を正常に戻すことができます。人によっては、方耳だけが抜けにくい、という場合もあります。抜けにくい場合には鼻をつまんでいないほうの腕を伸ばして首を傾けると抜けやすくなる事もあります。

テクニック

スノーケルクリア

水中に潜るとスノーケルの中に水が入ります。スノーケルをくわえたままで、水面に浮上してスノーケル内に溜まった水を吹き飛ばすことを「スノーケルクリア」といいます。まず、水の入ったスノーケルの先端を少し斜めに水面に立てて、一気に息を吐き出します。「トゥッ」という音が聞こえる様に、勢いをつけて息を吐き出すとスノーケルの中に溜まった水をキレイに押し出すことができます。前方に泳ぎながら行うとちょうど良い角度になりやすいですよ。

マスククリア

マスク内に水が入ってしまうと視界が妨げられ見えにくくなります。そのため、水が入った場合には、マスクの上部を押さえ下部分を浮かせます。少し斜め上を見るような角度を保ち、鼻から息を吐き出すとマスク内に空気が溜まり、浮かせたマスクの下部分から水が押し出されていきます。マスククリアを上手に行うためには、マスクに水を入れて水上で練習するとコツをつかみやすくなりますよ。

海に潜ってみよう!

日本のスポットで楽しむ

日本の海岸には多くの磯場や岩場、潮溜まりなどがあります。人気の高い場所としては、伊豆などがありますが、こういった場所では深く潜らなくても様々な海の生物を見つけることが出来るポイントもあります。また、沖縄や石垣島、西表島などでは、岩場以外にもサンゴ礁でシュノーケリングを楽しむことができます。

海外のスポットで楽しむ

ハワイやグアムなどの人気リゾート地では、宿泊施設によって利用できるシュノーケリングポイントが違ったり、景色が違ったりする事もありますので事前に調べておくと良いでしょう。また、ボートで沖まで行き、シュノーケリングやドルフィンスイムなどを楽しむことのできるシュノーケリングツアーを利用するのも楽しいですよ。